MENU
歯医者さんに言っても、できるだけは受け取らないで虫歯になっているところだけを削って欲しいものですよね。もちろん現在の歯科治療においてはできるだけ削らずに、虫歯の部分だけを治療することが可能になってきています。そのためには診断がとても大切になってきます。エナメル質にとどまっている虫歯の場合は、削っても痛くありません。ですが削る事を最小限にするためには深さをきちんと確認しなくてはなりません。検知液で色がつくかどうかで削っていい範囲を判断します。探針を使うときに間違ってしまうと、再石灰化している部分を壊してしまう可能性もあります。慎重にそっと触ることになります。虫歯菌が発生させるさんで歯は解けること...
インプラント治療はどうしても高額になってしまうので保険で治療できないかと考える人も多いことでしょう。ですが残念なことにインプラント治療に保険を使用することができません。自費診療になってしまい、費用はインプラントをする範囲や難易度によってもらってきます。またクリニックによっても変わってくるのでしっかりと相談してることが重要です。インプラント治療が適している人としては、取り外しの入れ歯が合わない人や嫌だと思っている人に向いているでしょう。インプラント体が顎の骨にしっかりと固定されるので自分のはとほとんど変わりない咀嚼力が復活します。また、上心地も自分のはとほとんど変わりなく、満足感を得ることができ...
インプラント治療を行う際には理解をしっかりと得た状態で施術まで向かう必要があります。そのためしっかりとしたカウンセリングが必要になります。分からない部分はできるだけ質問し、疑問や不安をクリアにしておくことが大切です。さらにご自分の希望をしっかりと医師に説明することも大切です。ほとんどの方はインプラント治療と言うと初めての治療ということになるので、難しく考えてしまいどのような状態を希望するのかと質問されてもなかなかイメージしにくいかもしれません。ですがインプラント治療といっても、その最終的な目標は1つとは限らないのです。どのような状態に持って行くのが一番理想的なのかをしっかりと話し合うことが重要...
オールオン4は4本だけのインプラントの埋込ですみます。それに加えて、骨の移植なども必要ないので患者の負担はとてもつかなくなります。もし現在残っている歯を残して、温存治療行う際は、インプラントの本数はかなりの本数が必要になります。そこに顎の骨の吸収が進行している場合であれば、骨の移植が必要となり、とても大掛かりな手術となってしまいます。オールオン4では治療期間も短くてすみます。一般的なインプラント治療の方法のように、骨の吸収が進行してしまっている場合、骨の移植を行うときは、それだけの治療期間が延びることになります。骨の移植だけでも半年前後の期間がかかります。その後インプラントを埋め込むことになる...
インプラント治療を行うことによって様々なメリットが存在します。入れ歯などでは噛む力が弱くなってしまったり、粘膜の1部が入れ歯によっておおわれてしまったりするので味覚が低下してしまって味を感じる部分が少なくなってしまうことがあります。また、総入れ歯の場合、入れ歯装着剤をつけることが多いようですが、その素材のために食事の味のニュアンスが変化してしまうことも少なくないのです。インプラントの場合は味覚を邪魔するものが何もありませんので、天然の歯と同じように食事をすることが可能です。インプラントをすることによってしっかりと噛むことができるという事は食事をする際に大きな喜びを孵化させることになります。これ...
インプラントをすることによって、顎の骨に力を連動させることができます。そのため顎の骨が痩せていってしまうことをすることも言われています。歯をなくしてしまうと、その部分の歯そう骨が後退してしまい、弱くなっていきます。つまり、健康的な負荷がかかっていないことになるので、どんどん自立する力がなくなっていってしまうと考えられます。健康な歯が存在してしっかりと噛むことで顎の骨では一定の骨密度を保つことになります。ですが、歯を失ってしまうともう支えることが必要にならなくなるため、骨はどんどん痩せてしまい、最後には平らになってしまい盛り上がりもなくなってしまいます。入れ歯が年齢とともに合わなくなっていくのも...
インプラントでは、顎の骨と一体化していることになるため、とても強い力でかむことが可能です。入れ歯と比べるとかなりの違いが出てきます。インプラントによって自分の歯と同じように噛むことが可能になるのです。食事の時の違和感がなくなります。総入れ歯にされた方々の場合多くは、硬いものがかめなくなってしまった、今までと比べて食事が楽しくなくなってしまった、美味しく感じなくなってしまったなどといった感想が多くなります。これらの原因は入れ歯には支えがなく、歯茎の上にただのっている状態だけだからです。噛む力で考えると、入れ歯の場合では、健康なときの場合の1割ほどの機能を回復できればよしとされています。健康な歯の...
インプラントでは、他の歯に対する影響が良くなることが期待できます。入れ歯やブリッジなどでは、つける時に周りの歯に依存しなければならないため、それが健康な歯に負担がかかってしまい、長期的に考えると、健康な歯の寿命が短くなってしまう傾向にあります。こういったことに比べるとインプラントは残っているかに依存することがないので、全体の歯の寿命が長くなることになります。インプラントでは他の歯に対して依存することがありません。失ってしまった歯の部分のみで完結することができる独立した治療となります。インプラントはそのもので独立して再生している状態なるので、健康的な他の歯に対して負担をかけることがありません。周...
治療においてはを抜いたままにしておくと、直近の歯が倒れてしまったり、噛み合う歯が伸びてきたりして全体のバランスがおかしくなってきます。そのため、抜歯した後は放って置かずに、できるだけ早い段階で人工の歯を入れて歯列を再生させる必要があります。さらに、歯を抜いてしまうと、抜いた部分の歯そう骨が痩せていきます。歯が無いないので痛みも感じませんし、特に問題なく放置していく方が多いようなのですが、厳密にはこのような問題が出てきます。一般的な治療では、歯を抜いてしまった部分にはブリッチをかけたり、部分入れ歯などして補うという方法がとられます。ブリッジを行う際には、両側の花 歯が健康であることが重要です。で...
インプラント治療の最終段階では、上部構造に対して歯をかぶせて完了となることになります。そのためかぶせる人工の歯の出来具合がインプラントの結果を大きく左右することになります。この被せ物を作るのが歯科技工士になります。そのため歯科技工士のテクニックがかなりの大きな結果を左右することになるのです。上と下の歯列が違和感なくきちんとかみ合うことができるためには数ミクロン単位の調整が必要になってきます。このように緻密で精巧な技術を持った技工士の存在が必要になってくるのです。彼らの存在がなくてはインプラントは決して成功することはないと言えるでしょう。腕のいい歯科技工士の存在はとても重要なのです。特にインプラ...
年齢を重ねることによって、歯周病にかかっている人の割合は90パーセント以上となっています。歯周病にかかっている場合でもインプラント治療ができるのかどうか不安になっている方も多いかと思います。通常に考えてみるとインプラント治療が可能になります。歯周病が進行する前に早い段階でインプラント治療を行うことが大切かもしれません。歯周病が進行してしまうと土台になる歯が溶け出してしまうのです。歯周病の進行によって歯骨は後退して痩せてしまうのです。そのため、土台となる部分がどんどん少なくなっていってしまうのでそれだけ治療が難しくなっていきます。多くの方の場合、元は歯周病の問題で歯医者さんに行き、その流れからイ...
歯を失ってしまい、そこにインプラントをうめこもうとした場合には、残っている骨の量、他の歯の状態、噛み合わせの状態はとても重要になってきます。いびきなどに関連することもありえます。>>いびきの治し方についてインプラント治療は患者に合わせた治療が基本になってきます。必ず1人1人に合わせたインプラントが用意されることになります。少しでもあっていないと、不具合や見た目の違和感が現れる事になります。そのため、インプラント治療には高い総合的な技術が求められます。一辺等な治療では、1人1人にあわせた適切な結果は出せません。インプラントメーカー世界規模で数十社存在します。そのため治療の方法や部品も細かく存在し...
インプラントの仕組みとしては、骨に埋め込む歯根部分であるテクスチャーと歯茎の外にはみ出た歯を支えてくれるアバットメント、これに加えて上位の構造である人口歯の仕組みからなっています。Fixtureとabutmentが一体型になっているインプラントも存在します。フィクスチャーは下部構造とも呼ばれています。そのためオッセオインテグレーションを組みます。Abutmentはabutmentスクリューによってfixtureにねじ止めされて固定されます。そのabutmentに人工の歯をかぶせます。インプラントの大きさはほとんどがイッセンチ位の長さで直径は5ミリほどになります。しかしながらいろいろな条件に合わ...
年齢を重ねることによって抜けてしまった歯、事故などによって損われてしまった歯を再生したい、新しい歯を入れられれば素晴らしいと、考え出されたのがインプラントです。なくしてしまった歯を復活させることができる技術というのはかなり昔から求められていたようです。インプラントが実際にしか歯の再生として用いられるようになってから40年の歴史があるでわれています。近年になってインプラントが一般的になってきた原因には、骨と金属を一体化させる性質を利用したことが大きいようです。偶然の研究によりはとインプラントの強固な結合を発見しました。そこから実際に犬の顎にインプラント埋め込んで見て検証を行うなど10年以上の歳月...