MENU

患者の負担

オールオン4は4本だけのインプラントの埋込ですみます。
それに加えて、骨の移植なども必要ないので患者の負担はとてもつかなくなります。

 

 

もし現在残っている歯を残して、温存治療行う際は、
インプラントの本数はかなりの本数が必要になります。

 

 

そこに顎の骨の吸収が進行している場合であれば、
骨の移植が必要となり、とても大掛かりな手術となってしまいます。

 

 

オールオン4では治療期間も短くてすみます。
一般的なインプラント治療の方法のように、骨の吸収が進行してしまっている場合、骨の移植を行うときは、それだけの治療期間が延びることになります。

 

 

骨の移植だけでも半年前後の期間がかかります。その後インプラントを埋め込むことになるので全体の治療期間は1年以上かかることになります。
オールオン4では骨の移植も必要なく、すぐにインプラントが埋め込むことができますし、
その日のうちに仮の歯を入れることも可能なので治療期間がとても短くて済むことになります。

 

 

治療費も避けることができます。
インプラントそのものが4本で済むので治療費を大幅に下げることが可能です。

 

 

オールオン4では、その日のうちに仮の歯を入れることができるので、
見た目的にもかなり大きな変化をもたらします。

 

 

総入れ歯の時とは違い、くぼんでいた口元が固定制の仮の歯で
内側からしっかりと抑えられることになるのでまたおかしい印象になります。

 

 

完璧に以前のような自然なはに仕上げることが難しいかもしれませんが、
見た目的にも総入れ歯と比べてほとんど違和感もなく自然な状態に仕上がるのが特徴です。

 

 

その日から言葉の発音をしっかりできるので、
日常生活にも大きな変化がすぐ訪れることになります。

 

 

その日のうちに自然な歯が入ることになるので、
周囲の人に気づかれることなく手術を受けることが可能です。

関連ページ

インプラント
インプラント治療について
インプラントの仕組み
インプラントの仕組みについて
インプラントの種類
インプラントの種類について
歯周病でのインプラントは?
歯周病でのインプラントについて
インプラント歯科技工士
インプラント歯科技工士について
抜歯後
抜歯後について
インプラントと他の歯
インプラントと他の歯について
インプラントの噛み心地
インプラントの噛み心地について
インプラントの作用
インプラントの作用について
インプラントのメリット的効果、影響
インプラントのメリット的効果について
インプラントのカウンセリング
インプラントのカウンセリングについて
インプラント治療保険
歯を削る