MENU

虫歯の部分だけ

歯医者さんに言っても、できるだけは受け取らないで
虫歯になっているところだけを削って欲しいものですよね。

 

 

 

もちろん現在の歯科治療においてはできるだけ削らずに、
虫歯の部分だけを治療することが可能になってきています。

 

 

 

そのためには診断がとても大切になってきます。
エナメル質にとどまっている虫歯の場合は、削っても痛くありません。

 

 

 

ですが削る事を最小限にするためには深さをきちんと確認しなくてはなりません。
検知液で色がつくかどうかで削っていい範囲を判断します。

 

 

 

探針を使うときに間違ってしまうと、再石灰化している部分を壊してしまう可能性もあります。
慎重にそっと触ることになります。

 

 

 

虫歯菌が発生させるさんで歯は解けることになりますが、
象牙質にそのさんが触れてしまうと、脱灰が怒ってしまい柔らかくなってしまいます。

 

 

 

虫歯菌によって柔らかくなってしまったと象牙質の部分は、
2種類に分けられますが、外側の部分は柔らかくなっていて削っても痛くないことが多いです。

 

 

 

細菌感染が起こってしまっている場所になりますので、しっかり削る必要があります。
内層は、酸によって柔らかくなっておりますが、虫歯菌は発生していないとされるので、
取り残しても虫歯になることはありません。

 

 

 

また再石灰化してかたい象牙質に復活する可能性もあるとで削る事はありません。

関連ページ

インプラント
インプラント治療について
インプラントの仕組み
インプラントの仕組みについて
インプラントの種類
インプラントの種類について
歯周病でのインプラントは?
歯周病でのインプラントについて
インプラント歯科技工士
インプラント歯科技工士について
抜歯後
抜歯後について
インプラントと他の歯
インプラントと他の歯について
インプラントの噛み心地
インプラントの噛み心地について
インプラントの作用
インプラントの作用について
インプラントのメリット的効果、影響
インプラントのメリット的効果について
オールオン4のメリット
オールオン4のメリットについて
インプラントのカウンセリング
インプラントのカウンセリングについて
インプラント治療保険