MENU

仕組み

インプラントの仕組みとしては、骨に埋め込む歯根部分であるテクスチャーと歯茎の外にはみ出た歯を支えてくれるアバットメント、これに加えて上位の構造である人口歯の仕組みからなっています。

 

 

Fixtureとabutmentが一体型になっているインプラントも存在します。
フィクスチャーは下部構造とも呼ばれています。そのためオッセオインテグレーションを組みます。

 

Abutmentはabutmentスクリューによってfixtureにねじ止めされて固定されます。
そのabutmentに人工の歯をかぶせます。

 

 

インプラントの大きさはほとんどがイッセンチ位の長さで直径は5ミリほどになります。
しかしながらいろいろな条件に合わせるため、たくさんの種類が存在しています。

 

患者さんの状態に合わせるために、細かく分類されてると言ったほうが解りやすいかもしれません。
そのためきちんと自分の状態を維持に伝える必要があります。
客観的に見た部分だけではわかりにくい部分もあるので、感覚で逐一伝えることが大切だったりします。

 

 

とても細かいやりとりになってしまいますが、それだけ細密な施術になるということです。
任せっきりにしないように、自分でもしっかり状態を伝えるようにしましょう。

 

 

コージヤマモト歯科医院のインプラント治療

関連ページ

インプラント
インプラント治療について
インプラントの種類
インプラントの種類について
歯周病でのインプラントは?
歯周病でのインプラントについて
インプラント歯科技工士
インプラント歯科技工士について
抜歯後
抜歯後について
インプラントと他の歯
インプラントと他の歯について
インプラントの噛み心地
インプラントの噛み心地について
インプラントの作用
インプラントの作用について
インプラントのメリット的効果、影響
インプラントのメリット的効果について
オールオン4のメリット
オールオン4のメリットについて
インプラントのカウンセリング
インプラントのカウンセリングについて
インプラント治療保険
歯を削る