MENU

全体のバランス

治療においてはを抜いたままにしておくと、直近の歯が倒れてしまったり、
噛み合う歯が伸びてきたりして全体のバランスがおかしくなってきます。

 

 

そのため、抜歯した後は放って置かずに、
できるだけ早い段階で人工の歯を入れて歯列を再生させる必要があります。

 

 

さらに、歯を抜いてしまうと、抜いた部分の歯そう骨が痩せていきます。
歯が無いないので痛みも感じませんし、特に問題なく放置していく方が多いようなのですが、厳密にはこのような問題が出てきます。

 

 

一般的な治療では、歯を抜いてしまった部分にはブリッチをかけたり、
部分入れ歯などして補うという方法がとられます。

 

 

ブリッジを行う際には、両側の花 歯が健康であることが重要です。
ですが健康中であってもブリッチをかけるために削らなくてはなりません。

 

 

ブリッジはなくなってしまっている歯が一本の場合に行っれることになりますが、
複数になってくると支えないため、部分入れ歯が用いられます。

 

 

部分入れ歯、総入れ歯両方ともに、使う材料や留め金の種類によっていろいろな種類が存在しています。
別なこうした部分入れ歯であっても、ブリッチと同じように、入れ歯を支える歯に負担がかかることになります。

 

 

また金属の留め金の部分が健康な歯や歯茎を傷つけて虫歯や歯肉炎、歯周病を招いてしまうことにもなります。
そのため、長期的に考えるとこういった治療法は容易ではありますが、不具合に悩む方が多くなると言うことになります。
噛む力も自前の歯と比べると大きく低下することになります。

 

コージヤマモト歯科医院のインプラント治療

関連ページ

インプラント
インプラント治療について
インプラントの仕組み
インプラントの仕組みについて
インプラントの種類
インプラントの種類について
歯周病でのインプラントは?
歯周病でのインプラントについて
インプラント歯科技工士
インプラント歯科技工士について
インプラントと他の歯
インプラントと他の歯について
インプラントの噛み心地
インプラントの噛み心地について
インプラントの作用
インプラントの作用について
インプラントのメリット的効果、影響
インプラントのメリット的効果について
オールオン4のメリット
オールオン4のメリットについて
インプラントのカウンセリング
インプラントのカウンセリングについて
インプラント治療保険
歯を削る