MENU

他の歯に対する影響が良くなる

インプラントでは、他の歯に対する影響が良くなることが期待できます。
入れ歯やブリッジなどでは、つける時に周りの歯に依存しなければならないため、
それが健康な歯に負担がかかってしまい、長期的に考えると、健康な歯の寿命が短くなってしまう傾向にあります。

 

 

こういったことに比べるとインプラントは残っているかに依存することがないので、
全体の歯の寿命が長くなることになります。

 

 

インプラントでは他の歯に対して依存することがありません。
失ってしまった歯の部分のみで完結することができる独立した治療となります。

 

 

インプラントはそのもので独立して再生している状態なるので、
健康的な他の歯に対して負担をかけることがありません。

 

 

周りの歯を削ることも必要がありませんし、部分入れ歯のように留め金をかける必要もないのです。
他のかに依存をしないという事はとても重要なことになります。
ただすべてなくなってしまう方のきっかけというのは一本の歯がなくなってしまうことからはじまります。

 

 

1つの歯がなくなってしまうという事は、横からの刺激に弱いたにとってはとても大きなことになります。
歯はすべてきちんと揃っていることによってその強度を維持できるのです。

 

 

また他の歯に依存することによってそれらの歯に対しても長期的な負担がかかることになります。
これは歯周病が起こりやすくなったりする原因もいえます。
また現在すでに歯周病にかかっているのであれば、その進行を促進させてしまったりすることにもつながります。

 

 

コージヤマモト歯科医院のインプラント治療

関連ページ

インプラント
インプラント治療について
インプラントの仕組み
インプラントの仕組みについて
インプラントの種類
インプラントの種類について
歯周病でのインプラントは?
歯周病でのインプラントについて
インプラント歯科技工士
インプラント歯科技工士について
抜歯後
抜歯後について
インプラントの噛み心地
インプラントの噛み心地について
インプラントの作用
インプラントの作用について
インプラントのメリット的効果、影響
インプラントのメリット的効果について
オールオン4のメリット
オールオン4のメリットについて
インプラントのカウンセリング
インプラントのカウンセリングについて
インプラント治療保険
歯を削る