MENU

顎の骨に力を連動させる

インプラントをすることによって、顎の骨に力を連動させることができます。
そのため顎の骨が痩せていってしまうことをすることも言われています。

 

 

歯をなくしてしまうと、その部分の歯そう骨が後退してしまい、
弱くなっていきます。

 

 

つまり、健康的な負荷がかかっていないことになるので、
どんどん自立する力がなくなっていってしまうと考えられます。

 

 

健康な歯が存在してしっかりと噛むことで顎の骨では一定の骨密度を保つことになります。
ですが、歯を失ってしまうともう支えることが必要にならなくなるため、骨はどんどん痩せてしまい、最後には平らになってしまい盛り上がりもなくなってしまいます。

 

 

入れ歯が年齢とともに合わなくなっていくのも、骨がどんどん減少してしまうためです。
ブリッチや部分入れ歯の場合でも同じように、歯根の部分が存在しなくなるので、歯のない部分の骨が凹んでしまうということが起こります。

 

 

インプラントでは、歯根を作り上げているので、噛んだときの圧力がきちんと歯茎に伝わり、
骨をきちんと刺激することになるので骨をやせさせてしまうことを防ぐことになります。

 

 

そのため、顔のたるみやシワなども防げる事になります。
インプラントでは見た目の老化防止効果も期待できるようになります。

 

 

コージヤマモト歯科医院のインプラント治療

関連ページ

インプラント
インプラント治療について
インプラントの仕組み
インプラントの仕組みについて
インプラントの種類
インプラントの種類について
歯周病でのインプラントは?
歯周病でのインプラントについて
インプラント歯科技工士
インプラント歯科技工士について
抜歯後
抜歯後について
インプラントと他の歯
インプラントと他の歯について
インプラントの噛み心地
インプラントの噛み心地について
インプラントのメリット的効果、影響
インプラントのメリット的効果について
オールオン4のメリット
オールオン4のメリットについて
インプラントのカウンセリング
インプラントのカウンセリングについて
インプラント治療保険
歯を削る